日本ジオパークネットワーク(JGN)とは
日本国内のジオパークとジオパークをめざす地域をサポートし、ジオパークのネットワーキングの軸となる特定非営利活動法人(NPO法人)です。
ジオパークとは
「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。
活動状況
日本ジオパークネットワークの活動や調査報告、各種資料・情報をご覧いただけます。

2018年11月14日更新

国際連携事業

 ジオパークの推進・発展の原動力として欠かせないものにネットワーク活動があります。2015年11月にユネスコの正式プログラムとなったジオパークですが、世界的認知度はまだ十分とはいえず、特にアジア太平洋地域においては、認定地域が特定の国に固まっているのが現状です。

 日本は9つのユネスコ世界ジオパーク地域を有するだけでなく、国内ネットワークが活発であり、他の世界ジオパークを目指すアジア太平洋地域の国々とこれまでの経験を共有でき、ジオパークの普及の一助を担える立場にあります。しかし、国際交流の経験不足、英語での情報発信の不足などから、その立場を十分に生かしきれていません。

 こうした状況を改善するため、日本ジオパークネットワークの有志地域のスタッフがチームを編成し、アジア太平洋地域におけるジオパークネットワーク活性化にむけた事業を2016年に初めて展開しました(2016年度政府開発援助ユネスコ活動費補助事業)。

手探りの中で展開された国境を越えたプロジェクトの実施報告書は、下記からご覧いただけます。

2017年度「アジア太平洋地域におけるジオパークネットワーク活性化に向けたキャパシティ・ディベロップメント支援」実施報告書

2016年度「アジア太平洋地域におけるジオパークネットワーク活性化に向けたキャパシティ・ディベロップメント支援」実施報告書

キックオフワークショップ ユネスコ世界ジオパーク国際会議でのブース出展
日本ジオパーク全国大会の国際連携分科会の様子 伊豆半島ジオパークにおけるエクスカーション
日本ユネスコ国内委員会表敬訪問 総括会議