阿蘇ジオパーク WEBサイト
  • 見どころ・おすすめジオサイト
  • 拠点施設
  • 基本情報・概要

阿蘇ジオパーク

 阿蘇ジオパークは、熊本県の北東部に位置する標高400~1,600mの高原地帯である。面積は1,079㎞2で、熊本県土面積の約15%を占めている。地域のほぼ中央に世界有数の阿蘇カルデラがあり、その中央には阿蘇五岳がそびえ立ち、周囲に外輪山をめぐらしている。本地域は、全て阿蘇カルデラの内側および外輪山の外側斜面に含まれる範囲にあり、地形上、海抜約600~1,600mのカルデラ内の火山群(阿蘇中央火口丘群)、約400~600mのカルデラ内の低地、約400~1,200mの阿蘇外輪山地域に区別される。

 豊かな自然に恵まれた本地域は、熊本都市圏をはじめ、九州四県(熊本、福岡、大分、宮崎)の水源涵養域であり、白川、緑川、菊池川、筑後川、大野川、五ヶ瀬川の6水系が、阿蘇五岳および外輪山に源を発している。

 阿蘇火山は、数十万年にわたる火山活動でつくり出された世界有数の巨大なカルデラや、多くの火山体で構成される火山群などの雄大かつ多様な火山地形・地質を特徴とする。阿蘇火山地域では、この大自然を舞台に有史以前から数万年以上にわたって人間の生活が繰り広げられ、特有の文化や景観が育まれてきた。阿蘇ジオパークには、カルデラおよび周辺地域を含む広大な地域が含まれ、様々な火山地形・地質を中心とする多くの観光スポットやジオサイトが存在する。本ジオパークにおけるテーマは、阿蘇火山の大地の成り立ち、並びにこの大地と人間生活との関わりに対する理解を深めることにある。

主な見どころ・おすすめジオサイト

阿蘇カルデラ

■阿蘇カルデラ

 阿蘇カルデラは、今から約27万年~9万年前の大規模な火砕流噴火に伴って形成された。世界でも有数の規模を誇り、明瞭な陥没地形を見ることができる。

中岳火口

■中岳火口

 中岳火口は、阿蘇観光の中心地で、活動的な火口を見物できる数少ない場所の一つである。中岳火口では、最近1,000年間は火山灰の噴出を中心とし、活動期にはマグマ水蒸気爆発やストロンボリ式噴火、静かなときには噴気活動と火口内に湯だまりを形成する活動が繰り返されてきた。

米塚

■米塚

 約2千年前に形成された典型的なスコリア丘で、国内では最も均整のとれたものの一つ。基底直径は約380m、比高は約80m。米塚を形成した一連の噴火活動で大量の玄武岩溶岩も流出し、米塚の北~西側一帯に広く堆積した。近年、登山によって荒らされた斜面が修復されたが、現在では登山禁止となっている。

遊水峡

■遊水峡

 阿蘇カルデラ北方の小河川にみられる岩盤河床で、阿蘇火砕流堆積物の溶結凝灰岩で構成される。砂礫などの河床堆積物を欠き、全体として平滑な岩盤の河床が数100m以上の区間にわたって発達する。平水時の水深は数10cm程度で、夏期には絶好の親水行楽地として賑わう。河床や河谷壁ではユータキシチック構造を示す溶結凝灰岩の特徴を観察できる。

阿蘇神社

■阿蘇神社

 阿蘇市一の宮町宮地に鎮座。一宮健磐龍命(たけいわたつのみこと)を筆頭に、阿蘇十二神が祀られている。全国に500社以上の奉祭社をもち、現宮司が91代目。今に伝わる神事は「阿蘇の農耕祭事」として国の重要無形民俗文化財に指定。一の神殿・二の神殿・三の神殿・楼門・神幸門・還御門の6棟は国の重要文化財。また、楼門は日本三大楼門の一つに数えられる。阿蘇山上広場にも「阿蘇山上神社」が存在する。

草原景観

■草原景観

 阿蘇地域を代表する景観である。火山灰土壌を有効に活用するために、阿蘇の人々が古くから火山との共存をしてきた結果として作られた半自然の景観である。牛馬の放牧、野焼き、採草などを繰り返してきた結果、このような景観が維持されてきた。


拠点施設

阿蘇火山博物館

■財団法人阿蘇火山博物館

〒869-2232 熊本県阿蘇市赤水1930-1

TEL 0967-34-2111

ウェブサイト:http://www.asomuse.jp/

 「阿蘇火山」を主テーマとし、阿蘇の地形や地質、動植物などについて展示。また、火山と人々の暮らしとの関わりについても取り扱う。学芸員や阿蘇インタープリターによる館内案内(ミュージアムツアー)やフィールド学習(ジオツアー)にも力を入れ、阿蘇周辺地域の子供たちや修学旅行生、観光客へもそのようなプログラムを提供している。

ASO田園空間博物

■NPO法人ASO田園空間博物館

〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川1440-1

ウェブサイト:http://aso-denku.jp/

 阿蘇市全域を博物館とするエコミュージアム。人・もの・くらしなど、阿蘇の宝を再発見し、個性を活かして物語をつくり、自然・歴史・伝統・文化を後世に伝える試みを続けている。

南阿蘇ビジターセンター

■南阿蘇ビジターセンター

〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町大字高森3219

ウェブサイト:http://www1.ocn.ne.jp/~aso-vc/

 自然と人々の暮らしを紹介し、自然とのふれあいを楽しんでもらうために設置されている。阿蘇の多種多様な植物を、自然に近い形で観察できるよう整備した阿蘇野草園を併設する。係員が野草園を案内したり、観察会を実施するなど、活発な活動が行われている。

基本情報

地域名:阿蘇ジオパーク

団体名:阿蘇ジオパーク推進協議会

代表者名:会長 佐藤 義興

構成自治体名:阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村、山都町

推進組織体制

ジオパーク活動母体:阿蘇ジオパーク推進協議会

(構成団体)

地元自治体、目的に賛同し、活動及び事業に協力できる教育、研究、観光、環境の分野からなる団体で構成

問合せ先

■阿蘇ジオパーク推進室

〒869-2232 熊本県阿蘇市赤水1930-1 阿蘇火山博物館1階

TEL 0967-34-2089 FAX 0967-34-2090

■公式ウェブサイト

阿蘇地域振興デザインセンター

阿蘇ジオパーク