茨城県北ジオパーク WEBサイト
  • 紹介・おすすめジオサイト
  • 拠点施設・情報
  • 概要

茨城県北ジオパーク

■ジオ

 茨城県北ジオパークは、茨城県の北部の地域を対象としたジオパークで、大都市東京に近接した海と山に囲まれた自然豊かな地域です。約5億年前の古生代の岩石から中生代、新生代の堆積物が観察できます。

■植物・動物・文化・歴史

 茨城県の気候は、温暖帯と冷温帯の境界にあたり、両気候帯に見られる植物が混在しています。また、黒潮と親潮がぶつかり合う茨城県沖では、種類豊富な海産物に恵まれています。岩礁海岸では磯魚やアワビの漁がおこなわれています。

県北ジオパークの拠点施設の一つである茨城大学五浦美術文化研究所は、日本の近代美術や内外の文化・歴史研究を目的としている施設です。ここは元々岡倉天心が建てた美術学校で、横山大観などの多くの芸術家を生みだした、文化的に重要な施設です。

首都圏内のジオパークであり、茨城空港があり、国際的な発展も目指しています。

主な見どころ・おすすめジオサイト

夏の袋田の滝

〔夏の袋田の滝]

■袋田の滝

 1500万年ほど昔、袋田の滝周辺は海の底にあり、そこでは海底火山が噴火していました。日本三大名瀑の一つ袋田の滝は、実は海底火山が陸上に持ち上がったものです。袋田の滝周辺では、この地域が陸から海になり、再び陸に成った歴史とたどることができます。それは、日本列島が今の形になっていく過程をたどるものです。

〔千波湖と台地〕

■水戸・千波湖

 那珂川と千波湖を有し、古くから水の都として人々から愛されてきた水戸市。この歴史ある都市は、さらに何十万年という長い年月をかけて育まれた大地の上に発展してきまし た。東日本大震災で液状化の被害がでた場所で、自然災害と地史、地形との関係をまなぶサイトともなっています。すでに、「東日本大震災の災害から学ぶ」ツアーを実施しています。

〔五浦海岸の波食台と六角堂〕

■五浦海岸

 五浦海岸は、自然や歴史や文化がたくさん詰まった場所です。大昔、人類が誕生するよりもずっと前の時代は、ここは深い海でした。海の中で砂や泥などが溜 まって、固まり、大地の変動によって海から姿をあらわし、陸地になりました。それが波の力で削られ、岩礁や崖ができて、変化に富んだ地形が美しい景色を見 せてくれるのです。海食台の上には、過去のガスハイドレートの“化石”の炭酸塩ノジュールからなる奇岩がそびえ、それにきつけられた岡倉天心が近代日本美術発展のための拠点としたものと考えられています。

〔白亜紀の礫岩・砂岩・泥岩の互層〕

■平磯海岸

 今から8000万年頃前の白亜紀、平磯海岸周辺は深い海の底でした。この時代、陸では恐竜達が闊歩し、海ではアンモナイトや海棲爬虫類が繁栄していました。平磯海岸周辺では白亜紀に形成した地層を見ることができます。白亜紀の地層は関東周辺ではとても珍しいものです。さらにここでは、珍しい「異常巻きアンモナイト」が発見されています。

〔日本名水百選に選ばれた八溝山の湧水〕

■八溝山

 八溝山は茨城県最高峰の山です。八溝山体を構成しているのは、1億8000万年前頃のジュラ紀に海洋プレート上に堆積した生物遺骸からなる地層と、海洋プレートが大陸プレートに沈み込む際に陸から供給された堆積物が大陸の縁にかき寄せられてできた地層(付加体)です。激しく変形した地層はダイナミックな地球変動の証言者です。

〔日立鉱山の大煙突〕

■日立

 工業都市である日立市の基盤となった「日立鉱山」は昭和56年閉山しました。日立鉱山は日本四大銅山の一つに数えられるまで発展した一方で、銅の精錬の際に発生する亜硫酸ガスによる煙害に悩まされていました。その対策の一つとして建設された大煙突の一部が残されています。日鉱記念館には当時使用していた機材の展示や、採掘の様子を再現した実物大のセットがあります。

〔中郷鉱跡〕

■常磐炭田

 茨城県北から福島県南東部にかけての常磐地域には、石炭を含んだ地層が分布しています。3500万~3000万年前頃には、北茨城周辺は海岸沿いに森や湿地が広がっていたと考えられています。そこに繁茂した植物が石炭の原料になりました。明治初期に発見されたこの地域の石炭は日本の発展を支えました。

拠点施設

茨城大学五浦美術文化研究所

■茨城大学五浦美術文化研究所

〒319-1703 茨城県北茨城市大津町五浦727-2

TEL:0293-46-0766

 

茨城大学宇宙科学教育研究センター

■茨城大学宇宙科学教育研究センター

〒318-0022 茨城県高萩市石滝上台627-1

TEL:0293-24-9516 Fax:0293-24-9517

E-mail: infoast@mx.ibaraki.ac.jp

基本情報

地域名:茨城県北ジオパーク

団体名:茨城県北ジオパーク推進協議会

代表者名:茨城大学長 池田幸雄

構成団体名:(加盟9団体)北茨城市,高萩市,大子町,常陸太田市、常陸大宮市,ひたちなか市,
東海村(財)グリーンふるさと振興機構、茨城大学
(オブザーバー4団体)水戸市、日立市、茨城県県北振興室、茨城県観光物産課

推進組織体制

茨城県北ジオパーク推進協議会の推進体制は下の図に示した通りです。

茨城県北ジオパーク推進協議会

問合せ先

■茨城県北ジオパーク推進協議会事務局

〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学内

TEL: 029-228-8825 FAX: 029-228-8089

■公式ウェブサイト

茨城県北ジオパーク