糸魚川ジオパーク WEBサイト
  • 見どころ・おすすめジオサイト
  • 拠点施設
  • 基本情報・概要

糸魚川ジオパーク

糸魚川ジオパークの位置

 糸魚川ジオパークは、新潟県の最西端にあり、富山県、長野県と接しています。5億年前に誕生したヒスイから3,000年前の焼山まで、幅広い年代差の地質、0~2,766mの標高差のある地形と、それに対応したさまざまな動植物が見られます。また、世界最古のヒスイ文化や断層に沿った塩の道など、大地の生い立ちと豊かな自然、そこに暮らす人々と大地の関わりがよく分かるジオパークです。

糸魚川ジオパーク空撮

 糸魚川ジオパークでは、フォッサマグナの西側の断層である「糸魚川-静岡構造線(糸静線)」が通るなど、日本列島の形成を示す貴重な地質や特徴的な地形を見ることができます。これらを分かりやすく紹介するために、テーマを持った24 のジオサイト(見どころ)を設定しています。

糸魚川ジオパークを通る糸静線

合わせて、2つの国立公園(中部山岳、妙高戸隠連山)と、3つの県立自然公園(親不知 (おやしらず )・子不知 (こしらず )、久比岐 (くびき )、白馬 (はくば )山麓があり、温泉や登山などにより雄大な自然を満喫できるほか、国・県指定の文化財が多数存在するなど、ジオに関する話題が豊富なことから、一人ひとり違った切り口で楽しむことができます。

また、糸静線を境に、文化、習慣、風俗、言語などが異なるなど、東西日本の分岐点又は混在地域として特徴的な地域であり、いろいろな不思議が隠されています。

主な見どころ・おすすめジオサイト

■親不知 …白亜紀の断崖と4世代道路

 北アルプスが日本海に落ち込む断崖絶壁は、約1億年前の親不知火山岩類と呼ばれる陸上の火山噴出物からできています。旧北陸街道は、波打ち際と断崖のわずかな間を通り、波浪時には命がけの通行でした。断崖には、旅人が避難した大懐・大穴などの浸食地形が残っています。

平安時代の末、源平合戦に敗れた平頼盛の妻が、幼子を抱いて断崖の縁を通過した時、幼子を波にさらわれ、次の詩を詠んだとされています。

「親不知 子はこの浦の 波まくら 越路の磯の 泡と消えゆく」

これが親不知の地名の起こりとされています。明治期に断崖の中腹を削り、昭和期にトンネルを通して、旧北陸街道は姿を変え、昭和末期には第4世代の北陸自動車道ができました。また、親不知は、日本海と北アルプスを結ぶ栂海(つがみ)新道の起点でもあり、多世代の道が交差しています。日本海が眼前に迫る断崖絶壁に北陸街道の変遷を訪ね、海岸ではヒスイ散策を楽しむことができます。

親不知の断崖
親不知の断崖

 

海川見た親不知
海から見た親不知

■糸魚川-静岡構造線と塩の道(北部)…断層露頭と古道

 糸魚川-静岡構造線(糸静線)は、姫川河口からほぼ姫川に沿い根知谷の根小屋まで走っています。フォッサマグナパークでは、糸静線の断層露頭が見学できます。西側の古生代の変ハンレイ岩と東側(フォッサマグナ側)の新生代中新世中期の安山岩が、幅約2mの断層破砕帯を境に接しています。

遊歩道沿いには、フォッサマグナや糸静線に関する解説板が設置されており、フォッサマグナや日本列島の生い立ちを学習しながら断層露頭にたどり着くことができます。断層露頭東側の遊歩道にも、解説板が設置され、日本最大級の巨大な 枕状溶岩 (まくらじょうようがん )(直径10mほど)や枕状溶岩の縦断面や横断面が観察でき、溶岩の流下方向を知ることができます。

大野-仁王堂間の塩の道(国指定史跡)では、道沿いに往時を偲ばせる石仏、道標、地蔵などがあり、ウトウと呼ばれる切り通しを歩いて、雑木林の静かな古道を散策することができます。

糸静線の断層露頭
糸静線の断層露頭

 

巨大枕状溶岩
巨大枕状溶岩

■小滝川 ヒスイ峡…ヒスイ原石と石灰岩の大岩壁

 小滝川ヒスイ峡(国指定天然記念物)では、小滝川の清流に洗われたヒスイを観察できます。1938(昭和13)年に確認された日本最初のヒスイ産地であり、ヒスイの発見は、考古学・宝石学・地質学の分野へ大きな影響を与えました。日本各地の遺跡から出土するヒスイの由来を決定した重要な発見であり、また、糸魚川の「ヒスイのふるさと」のはじまりでもありました。

 小滝川ヒスイ峡では、明星山の白い巨大な岩壁が迫ります。約3億年前のサンゴ礁が変化したもので、多くの化石を含んでいます。この岩壁は、ロッククライマーの格好のフィールドであり、晴れた日には、岩壁に張り付くクライマーの姿を見ることができます。また、赤禿山の地すべりで生じた高浪の池の背後には、小滝炭鉱の鉱山遺跡が残ります。高浪の池では、釣りや散策、食事を楽しむことができます。

明星山と高浪の池
明星山と高浪の池

 

小滝川ヒスイ峡
小滝川ヒスイ峡

■海谷渓谷 …海底火山の大断面

 素朴なたたずまいを見せる海谷渓谷は、フォッサマグナが海だったころの海底火山噴出物(約300万年前)を海川が浸食してできあがったものです。切り立った高さ600mほどの壁には、海底火山の火山灰や溶岩が流れたあと見られ、「ぜんまい地蔵」と呼ばれる奇岩があります。

また、かつてマグマの通路であった鉢山(岩株)が、鋭い頂を作っています。海川渓谷とその上流には砂防施設が一切なく、海川の浸食と堆積が自然のままで進んでいる数少ない渓谷です。上流の、越後の上高地と称される海谷(732)高地の広い川原は、がけ崩れによってせき止められてできた湖沼が埋め立てられたもので、その時の湖沼堆積物が観察できます。新緑と深緑、紅葉の季節ともども、渓谷が美しく変わる姿は、海谷渓谷のもう一つの魅力です。

千丈ヶ岳の岩壁
千丈ヶ岳の岩壁

 

海谷高地の河原
海谷高地の河原

■弁天岩 …海底火山と北前船文化

 フォッサマグナの海底に火山が生じ(約100万年前)、その火山噴出物は弁天岩・トットコ岩となり、また、魚礁となって良港ができて北前船の寄港地となりました。はがせ船の絵馬(国指定有形民俗文化財)などが奉納された白山神社(国指定建造物)の社叢(国指定天然記念物)には、暖地性と寒地性の植物が混じり合って独特な林が形成され、ヒメハルゼミ(国指定天然記念物)が住み着いています。

この白山神社では、春には舞楽が奉納されています(国指定民俗芸能)。旧北陸線を利用した自転車遊歩道には、明治期末に焼かれたレンガでできたトンネルがあります。フォッサマグナの地層で起こった小泊地すべり(1963(昭和38)年)は、敦賀発直江津行きの列車を直撃し、蒸気機関車を海まで押し出しました。この地すべりは、その後の北陸線トンネル化の契機となりました。

弁天岩
弁天岩

 

白山神社の社叢
白山神社の社叢

拠点施設

■フォッサマグナミュージアム

〒941-0056 新潟県糸魚川市美山公園内

TEL: 025-553-1880 FAX: 025-553-1881

E-mail: museum@city.itoigawa.niigata.jp

WEBサイト:フォッサマグナミュージアム

 地球の誕生からさまざまな鉱物、フォッサマグナ、ヒスイ、そしてフォッサマグナの発見者ナウマン博士の資料などがある、糸魚川ジオパークの拠点の博物館です。

第5展示室
第5展示室

 

ヒスイ峡
ヒスイ峡

基本情報

地域名:糸魚川ジオパーク

団体名:糸魚川ジオパーク協議会

代表者名:会長 糸魚川市長 米田 徹

構成自治体名:糸魚川市(1市)

推進組織体制

ジオパーク活動母体:糸魚川ジオパーク協議会

(構成団体)
糸魚川市、新潟県、国土交通省、環境省、商工会議所、市内観光協会、バス会社、タクシー  会社など30団体で構成

問合せ先

■糸魚川市観光協会 観光案内所(糸魚川ジオステーションジオパル内)

〒941-0061 新潟県糸魚川市大町1-7-47

TEL: 025-555-7344

■糸魚川ジオパーク協議会

〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1-2-5(糸魚川市役所ジオパーク推進室内)

TEL: 025-552-1511

■公式ウェブサイト

糸魚川ジオパーク