室戸ジオパーク WEBサイト
  • 見どころ・おすすめジオサイト
  • 拠点施設
  • 基本情報・概要

室戸ジオパーク

室戸ジオパークの位置

 室戸ジオパークは、高知県東部の室戸半島に位置し、面積248.30km2の室戸市全域を範囲としています。同ジオパークでは、世界で最も詳しい研究がなされ、プレートテクトニクス理論を陸上で初めて実証した四万十帯付加体地質、更新世の氷河性海水準変動と地震隆起によって形成された海成段丘、完新世の巨大地震によって離水した海岸地形、日本三大崩壊地の一つである「加奈木崩れ」などの地質遺産を見ることができ、大地形成のダイナミズムを実感できます。また、国の天然記念物に指定されている亜熱帯性植物と海岸植物群落が特異な景観をつくっています。

室戸の海(1)

 かつて伝統的な捕鯨漁が盛んであった室戸の海では、ホエールウォッチングやイルカによるセラピーも体験できます。さらに、空海が修行をした御厨人窟、四国八十八ヶ所の巡礼地、日本最大級のレンズを持つ室戸岬灯台、土佐漆喰の白壁・水切り瓦などが特徴的な吉良川町の懐かしい町並み、「佐喜浜にわか」などの歴史文化遺産にも接することができます。東海岸の急峻な海岸地形を利用して取水される海洋深層水を利用した産業が盛んであり、健康増進施設も設置されています。

室戸の海(2)

 室戸ジオパークへは日本のみならず,世界各地から地質を研究する学者や学生が訪れます。室戸の豊かな自然を体験するための児童生徒の宿泊研修も盛んです。国立室戸少年自然の家は教育・研究センターの役割を果たしています。研究面では高知大学、高知大学海洋コア総合研究センター、JAMSTEC高知コアセンターなどにより、室戸を舞台に最先端の研究が展開されています。こうした多様な資源の宝庫である室戸ジオパークでは、人と自然の関わりについて楽しく学ぶことができます。

主な見どころ・おすすめジオサイト

■行当-黒見海岸サイト(深海ゾーン)

 室戸ジオパークの西岸に位置する新村サイト(行当岬新村海岸)には、約5,000万年~3,000万年前に、海底に堆積した地層(室戸層)が分布しています。ここでは、砂岩泥岩の互層から成るタービダイト層、スランプ構造、波や潮流により海底に刻まれた漣痕、生痕化石、地震の化石と言われる砂岩岩脈など、海底で起こった様々な事件を伝える地層を見ることができます。

新村サイト(行当岬新村海岸)

 

地層(室戸層)

御廚人窟

■室戸岬サイト(隆起ゾーン)

 室戸岬サイトでは、巨大地震が繰り返し発生した痕跡を見ることができます。室戸岬サイト東側に位置する御廚人窟(みくろど)と神明窟(しんめいくつ)は、1,200年ほど前に空海(弘法大師)が修行をし、悟りを開いた場所として有名です。

左側の御厨人窟は空海が寝泊まりした場所、右側の神明窟は空海が修行した場所といわれています。この御廚人窟と神明窟は「海食洞」、海食洞入口の広場は「海食台」、背後の急崖は「海食崖」と呼ばれる海岸の地形です。いずれもかつては波打ち際にあって、波の侵食によって地層が削られたものです。

現在、御廚人窟と神明窟は、海水面より10m近い標高に位置しています。南海地震などの巨大地震による土地の隆起によって、高い場所に持ち上げられた(離水した)ためです。これらの離水地形には、ゴカイの仲間であるヤッコカンザシの石灰質の棲管が付着しており、その年代測定結果から、地震の発生と隆起の歴史を知ることができます。

吉良川まちなみサイト(文化遺産ゾーン)

■吉良川まちなみサイト(文化遺産ゾーン)

江戸時代に良質の木炭の集散地として繁栄した吉良川は、主屋・蔵・いしぐろ等の伝統的建造物は地域色を良く示し、土佐地方の在郷町として特色ある歴史的景観を良く伝えています。土佐備長炭の窯は、吉良川のまちなみ付近をはじめ室戸全体で、37基(2010年3月現在)もあります。
その窯の一部では定期的に炭焼体験が開催されています。また、日本三大奇祭とされる御田八幡宮の祭行事である「御田祭」は、鎌倉時代から続く祭りで、国の無形民俗文化財に指定されており、2年に1度、5月に行われる。子授けの祭としても有名です。

吉良川のまちなみには、ボランティアガイドがいますので何でも尋ねてみてください。これらの建造物と地形との関係を教えてくれます。

■海洋深層水サイト(産業ゾーン)

 室戸半島の西海岸は、三段の階段状に海成段丘地形が発達し緩斜面となっています。これとは対照的に東海岸は、海に急角度で落ちる断層崖となっています。海洋深層水はこの断層崖にぶつかって上昇しており、比較的短い距離で海洋深層水を取水することができます。海洋深層水を活かした健康増進施設シレストむろと、ウトコディープシーセラピーセンター&ホテルなどからなる「ディープシーワールド」が整備され、工場地域では飲料水や塩など、様々な関連商品が生産されています。また、研究施設として高知県海洋深層水研究所が設立されています。

海洋深層水サイト(産業ゾーン)

 

ディープシーワールド(プール)

拠点施設

■室戸ジオパークインフォメーションセンター

〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町6939—1

TEL 0887-23-1610

■キラメッセ室戸・鯨館(キラメッセ室戸サイト)

〒781-6833 住所:高知県室戸市吉良川町丙890-1

営業時間:AM9:30~PM5:00

電話:0887-25-3377 FAX:0887-24-5000

基本情報

地域名:室戸ジオパーク

団体名:室戸ジオパーク推進協議会

代表者名:会長 室戸市長 小松 幹侍

構成自治体名:室戸市

推進組織体制

ジオパーク活動母体:室戸ジオパーク推進協議会

(構成団体)

室戸市、高知県、室戸市商工会、市内観光協会、旅行会社、高知大学など30団体で構成

問合せ先

■室戸ジオパーク推進協議会

〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町1810-2 室戸世界ジオパークセンター

TEL: 0887-22-5161 E-mail: info@muroto-geo.jp

■公式ウェブサイト

室戸ジオパーク