隠岐ジオパーク WEBサイト
  • 見どころ・おすすめジオサイト
  • 拠点施設
  • 基本情報・概要

隠岐ジオパーク

隠岐ジオパークの位置

 隠岐ジオパークは、島根半島の北40km~80kmの日本海に点在する4つの有人島と180余りの無人島からからなる隠岐諸島全域を指します。

 隠岐ジオパークでは、隠岐諸島がユーラシア大陸の一部であった時代、湖の底の時代、海の底の時代を経て現在のような離島となった過程の地質現象を容易に観察することができ、日本海形成の痕跡を隠岐という小さな島で凝縮して体感できるのが大きな特徴です。

また、隠岐を代表する岩石でもある黒曜石の産地は国内でも70箇所ほど知られていますが、矢じりなどの石器として使用されたのは隠岐を含めて6箇所しかありませんでした。隠岐産の黒曜石が遙か3万年前から中国地方を中心として幅広く運ばれていたことは、隠岐産の黒曜石が良質であったため、古代の生活には欠かせない石であったことが想像されるとともに、その当時の盛んな人・文化交流の道も垣間見えてきます。

隠岐諸島(海岸)

隠岐ジオパークのもう一つの魅力として植物の多様性があります。隠岐諸島は、その島の成り立ちと対馬暖流の影響を受けることから、生物の北限の地でもあり南限の地でもあります。北方系、南方系、高山性、大陸系、氷河期時代の生き残りの植物が同じ場所に生息し、北方系のモミノキに南方系の植物であるナゴランが着生して自生するなど、他の地域では見られない特異な自然環境を観察することができます。
 隠岐ジオパークを知ることによって、日本列島の成り立ちや日本列島の植物分布の経過を推測することができ、更には黒曜石から始まる日本の歴史も推測することができます。

このように、大地営みと自然環境の関係、そして私たち人間との関係など、隠岐ジオパークを訪れる方々に興味をもっていただける資源が今なお豊富に残されています。

主な見どころ・おすすめジオサイト

■白島海岸・・・白い岩肌と不思議な植生分布

 隠岐島後の最北端に突出した白島崎の北方には、松島、沖ノ島、白島など多くの小島が点在しており、これらを総称して白島海岸と呼んでいます。昭和13年(1938)に国の名勝および天然記念物に指定された白島海岸は、約550万年前に噴出した流紋岩や粗面岩(アルカリ成分を多く含む中性の火山岩)で構成されていて、岩肌が白いことからその名前が付けられました。

展望台から望む白島海岸

展望台から望む白島海岸

 

象ケ鼻

 沖ノ島は、国指定天然記念物であるオオミズナギドリの繁殖地としても知られており、昭和38年(1963)に国立公園特別保護区に指定されています。
 白島海岸は、長い年月の風化や海食作用によって特異な風景美をつくりだしていて、巨象が鼻で海水を吸い上げているように見える「象ケ鼻」など、遊覧船からみる風景も楽しめます。

また、駐車場から白島海岸展望台に通じる遊歩道沿いでは、北方系の植物や南方系の植物が混在する状況や、11月頃まで色鮮やかに咲く紫陽花など不思議な自然環境を観察することもできます。

■トカゲ岩と屏風岩・・・鷲ヶ峰ハイキングコース

 隠岐島後の北東部に位置する葛尾山系では、巨大なトカゲが崖をよじ登っている姿に見えるトカゲ岩や切り立った崖が屏風のように見える屏風岩(びょうぶいわ)を観察することができます。

 トカゲ岩は、粗面岩マグマが流紋岩質火山砕屑に貫入したもので岩脈と呼ばれるものです。

 鷲ヶ峰からトカゲ岩の展望台にいたる自然散策路は、鷲ヶ峰ハイキングコースとして一般の観光客の方にも利用されています。

展望台から望む屏風岩

展望台から望む屏風岩

 

■国賀海岸・・・自然が創り出した雄大な海岸線

 国賀(くにが)海岸は、隠岐島前の西ノ島の北西に位置しており、約10kmにわたって海食崖や海食洞が連続し奇岩も数多く見られます。昭和13年(1938)に国の名勝および天然記念物に指定され、昭和38年(1963)には大山隠岐国立公園の特別保護区にも指定されています。

 国賀海岸の摩天(まてん)崖(がい)は粗面玄武岩~玄武岩質粗面安山岩の溶岩が何層にも積み重なったもので、長い年月の浸食や岩盤の崩落・崩壊が進み、高さ257mの雄大な景観を造りだしており、離島隠岐を代表する海岸線の風景となっています。

 また、摩天崖の南西の海岸部には多くの波食洞が連続して形成されています。通天橋はこの波食洞の奥の部分が崩落し、周辺が浸食されてできた特異な地形となっています。

国賀海岸を望む

国賀海岸を望む

 

■ローソク島・・・見る人を感動させる巨大なオブジェ

 島後の北西部、久見地区の西約2kmの海上には多くの小島が点在しています。中でもローソクの形をしたローソク島に夕日が灯る様子は圧巻です。周辺には天空にそそり立つ鉄砲岩やこんもりした馬背島などが独特の景観を醸し出しています。

ローソク島 馬背島 鉄砲岩

■福浦トンネル・・・人の生活と土木技術の推移が観察できる古道

 隠岐島後の北西部に位置する重栖(おもす)から福浦に至る海岸には、明治の初めにノミを使って手彫りで掘られたトンネルがあります。明治以前の福浦-重栖間の道は急峻な崖の中腹にあったため落石や転石の危険があり、明治の初めに海岸沿いの道が作られました。この道は波食棚を必要な幅だけ平坦に削って人が通れるように工夫されており、波食棚の発達が悪く難所となっている部分をトンネルとしたものです。しかしながら、この道は冬場の季節風が強い時には波で洗われて通行ができないため、明治34年に手彫りとダイナマイトを使って山側に1本の新しいトンネルが作られました。このトンネルには、灯り取りようの窓が何カ所か設けられています。さらに、昭和50年には大型車輌の通行を可能とするために、新しいトンネルの拡幅が行われました。

福浦トンネル

 

福浦トンネル

福浦トンネル

 一番海側のトンネルを「細(こま)トンネル」、灯り取りの窓があるトンネルを「窓トンネル」と呼び、拡幅されたトンネルを三番目と数え福浦の「三代トンネル」として親しまれています。

 また、これらのトンネルは、人の生活と土木技術の推移が関連付けられて見られることから、日本土木学会が選定する土木遺産にも選ばれており、約550万年前の火砕流の内部が観察される場所としても貴重なジオサイトとなっています。

■乳房杉と風穴・・・隠岐の自然環境を象徴する巨木

 隠岐島後の最高峰大満寺山(標高608m)の北側を走る林道南谷線沿いには、隠岐の自然環境を象徴する樹齢八百年といわれる乳房(ちち)(すぎ)がそびえ立っています。遙か古代からの山岳信仰・巨木信仰を今に伝える乳房(ちち)杉(すぎ)は、岩倉神社の御神木としても奉られており、その形とともに神秘的な雰囲気を醸し出しています。

 乳房杉の周辺は、「岩倉の風穴」と呼ばれる大満寺玄武岩の転石が積み重なってできた風穴となっており、転石の隙間からは冷たい風が吹き出していて夏には心地よい涼みの場所となっています。

 このような自然現象によって、乳房杉周辺にはイチイ、アオダモ、オニグルミ、サワグルミなど北方系や高山性植物などが分布しており、国指定天然記念物のヤマネなども生息しています。

岩倉神社の御神木「乳房杉」

 

岩倉の風穴

岩倉の風穴


拠点施設

■隠岐自然館

〒685-0013 島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫四54-3

TEL 08512-2-1583

E-mail dogoport@tx.miracle.ne.jp

 隠岐諸島の成り立ちを観察できる岩石展示、北方系、南方系、高山性、大陸系、氷河期時代の生き残りの植物が混在する不思議な生態系の解説や海洋生物の展示など、隠岐ジオパークの魅力をまるごと体験できる施設です。

隠岐自然館

 

隠岐自然館

隠岐自然館

 

隠岐自然館

基本情報

地域名:隠岐ジオパーク

団体名:隠岐ジオパーク推進協議会

代表者名:会長 隠岐の島町長 松田 和久

構成自治体名:隠岐の島町、西ノ島町、海士町、知夫村(3町1村)

推進組織体制

ジオパーク活動母体:隠岐ジオパーク推進協議会

(構成団体)

隠岐の島町、西ノ島町、海士町、知夫村、島根県隠岐支庁、隠岐の島町教育委員会、西ノ島町教育委員会、海士町教育委員会、知夫村教育委員会、島根県隠岐教育事務所、島根県議会議員、各町村議会、隠岐の島町商工会、西ノ島町商工会、隠岐國商工会、JA隠岐、島根県建設業協会隠岐支部、各町村観光協会、バス会社、タクシー会社、隠岐汽船、市民団体など37団体で構成

(アドバイザー)

島根大学総合理工学部地球資源環境学教室、日本地質学会ジオパーク推進委員会(高須晃委員)、 島根県地質学会、中国地質調査業協会島根支部、島根大学名誉教授 山内靖喜

問合せ先

■隠岐ジオパーク推進協議会事務局

〒685-8601 島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24番地 島根県隠岐支庁県民局内

TEL: 08512-2-9636

■隠岐観光協会

〒685-0013 島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫四54-3

TEL: 08512-2-1577

■公式ウェブサイト

隠岐ジオパーク