山陰海岸ジオパーク WEBサイト
  • 見どころ・おすすめジオサイト
  • 拠点施設
  • 基本情報・概要

山陰海岸ジオパーク

山陰海岸

 山陰海岸は、その美しい海岸地形とそこに生息する独特な動植物から、1955年に国定公園の指定を受け、その後1963年に国立公園に指定されて現在に至っています。

山陰海岸ジオパークは、山陰海岸国立公園を中心として、東は京都府京丹後市の経ヶ岬から、西は鳥取県鳥取市の白兎海岸まで、京都府(京丹後市)、兵庫県(豊岡市、香美町、新温泉町)、鳥取県(岩美町、鳥取市)の1府2県3市3町にまたがり、東西約110km、南北最大30kmに渡って広がっています。

山陰海岸ジオパーク地形

 ジオパークエリア内には、約6,000万年前の日本列島がユーラシア大陸の一部だった時代から現在に至るまでの経過を確認できる貴重な地質や地形が数多く残されており、まさに「地形・地質の博物館」といえます。

また、古くからの人々の生活の場でもあり、松葉ガニをはじめとした日本海の豊富な海産物・丹誠込めて育てられる但馬牛・砂丘地を利用した「らっきょう」などの絶品グルメ、城崎温泉・夕日ヶ浦温泉・岩井温泉など数多くの良質な温泉、遊覧船・スノーケリング・スキーなど各地域の自然を活かした体験学習など、多彩な自然を背景とした人々の暮らしを「見る、食べる、学ぶ」ことができます。

主な見どころ・おすすめジオサイト

小天橋と久美浜湾

■ 小天橋(京都府京丹後市)

 日本海に面して延長約7キロメートルの砂浜が続いて形成されている小天橋砂州によって、日本海と久美浜湾が分けられ、潟湖を形成しています。美しい砂浜は多くの種類の海浜植物が分布しています。また、西部に位置するかぶと山頂上からは、小天橋と久美浜湾を一望することができ、その景色は絶景です。

■玄武洞公園(兵庫県豊岡市)

 「玄武洞」は第四紀における地球磁場の逆転が世界で初めて発見された場所です。1926年、京都大学の松山基範博士は、約160万年前の火山活動で形成された玄武洞の石が、現在の地磁気と反対の磁性であることを発見しました。

また、現在と反対の磁性の時代が存在していたことを示し、その時代は「松山逆磁期」と呼ばれています。この発見は、地球科学における海洋拡大説のよりどころとなり、プレートテクトニクス説の構築に大きく寄与しました。今では、第四紀(約260万年前~現在)の始まりが、「松山逆磁期」の始まりとして国際的に定義されています。その地質的な価値と自然の作り出した美しさから、昭和6年に国の天然記念物に指定されており、 外国からもお客さんが訪れています。近年は、兵庫県豊岡市のマスコットキャラクター「玄武岩の玄さん」が大人気となっています。

玄武洞

玄武洞

 

玄武岩の玄さん
玄武岩の玄さん

猿尾滝(兵庫県香美町)

■猿尾滝(兵庫県香美町)

上下2段に分かれており、下段の滝が猿の尻尾に似ていることからこの名前が付いたと言われています。

上段落差39m、下段落差21m、総落差60mの大きな滝が岩肌と自然林に映え、春は新緑、夏は納涼の滝姿、秋は紅葉と白い滝のコントラスト、冬は氷壁の滝と四季折々の表情がみられます。

上段の滝には自然の石仏が見られ、その姿は滝に打たれる修行僧を思わせるもので、自然の造形の神秘さを感じることができます。「日本の滝百選」にも選定されています。

■三尾大島(兵庫県新温泉町)

 三尾湾の入口にある周囲300メートルの小島で、国の天然記念物に指定された「但馬御火浦」の中心的な場所です。特に島の東側は、発達した柱状節理が一面に石の杭を隙間なく打ち込んだように見えます。但馬海岸遊覧船からは、この三尾大島をはじめとした国立公園但馬海岸の雄大な自然と美しい海岸線を海上から眺めることができます

但馬御火浦

 

但馬海岸遊覧船

■ 浦富海岸(鳥取県岩美町)

 鳥取県岩美町大谷から兵庫県境にかけて東西約15キロメートルに渡って広がる海岸です。岬に囲まれた白砂青松の浜が織りなす景観は素晴らしく、数多くの文人が訪れ、絶賛したことで知られる山陰を代表する美観・絶景の一つです。また、砂浜海岸は海水浴場としても適しており、臨海学校としても利用され、岩美町立渚交流館では、シュノーケルやシーカヤックなどの体験学習を実施しています。また、国指定天然記念物・名勝に指定されています。

浦富海岸(鳥取県岩美町)

 

岩美町立渚交流館体験学習

鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)

 千代川の運び出した日本海の砂が砂浜をつくり、そこから砂が風で運ばれて形成された海岸砂丘です。風紋や砂れんの紋様は、風と砂が織りなす神秘の世界であり、有島武郎、与謝野晶子、高浜虚子など多くの詩人がこの地で歌をよみ、その歌碑が鳥取砂丘の四季の風景に点在しています。国の天然記念物に指定されており、多くの観光客が訪れる観光スポットとして親しまれている一方、乾燥地研究施設アリドドームを中心に世界の砂漠化防止研究でも活用されています。

鳥取砂丘

 

乾燥地研究施設アリドドーム


拠点施設

■新温泉町山陰海岸ジオパーク館

〒669-6701 兵庫県美方郡新温泉町芦屋字水尻

TEL: (0796)82-5222

 山陰海岸ジオパークの拠点施設の1つであり、中核拠点です。
ジオパークに関する資料の収集や保管、展示や体験学習などを通じて、地域振興や教育及び文化の発展に寄与することを目的として設置されました。館内には、山陰海岸の地層をわかりやすく解説した模型をはじめ、様々な資料が展示されています。学習支援も行っており、山陰海岸ジオパークについて体験的に学習することができます。

新温泉町山陰海岸ジオパーク館 新温泉町山陰海岸ジオパーク館 新温泉町山陰海岸ジオパーク館

■ 鳥取県立山陰海岸学習館

〒681-0001 鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4

TEL: (0857)73-1445

 山陰海岸ジオパークの拠点施設の一つとして、貴重な地質遺産やそこに暮らす豊かな生きものなど、さまざまな角度から山陰海岸の魅力や価値について分かりやすく紹介しており、自然への理解と自然を大切にする心を育む活動拠点となっています。

鳥取県立山陰海岸学習館 鳥取県立山陰海岸学習館 鳥取県立山陰海岸学習館

基本情報

地域名:山陰海岸ジオパーク

団体名:山陰海岸ジオパーク推進協議会

代表者名:会長 豊岡市長 中貝 宗治

構成自治体名:京都府、兵庫県、鳥取県、京丹後市、豊岡市、香美町、新温泉町、岩美町、鳥取市(1府2県3市3町)

推進組織体制

ジオパーク活動母体:山陰海岸ジオパーク推進協議会

(構成団体)
京都府、兵庫県、鳥取県、京丹後市、豊岡市、香美町、新温泉町、岩美町、鳥取市、各商工会、各観光協会、各商工会議所、遊覧船会社、旅館組合、漁業協同組合など36団体で構成

問合せ先

■山陰海岸ジオパーク推進協議会事務局

〒668-0025 兵庫県豊岡市幸町7-11 兵庫県豊岡総合庁舎内

TEL: 0796-26-3783

■公式ウェブサイト

山陰海岸ジオパーク